日誌

本日の川口高校

第69回 福島県立川口高等学校 卒業証書授与式

3月1日、第69回となる川口高校卒業証書授与式が執り行われました。

金山町の押部源二郎町長をはじめ、ご来賓のみなさまにご臨席いただく中、25名が3年間学んだ母校をあとにしました。

新型コロナウイルス感染防止のため、在校生は教室で中継された式を見る形での参加となりました。

卒業生を代表し、大竹伶奈さんが卒業証書を受け取りました。その後、在校生代表の佐々木瑛太君が送辞を贈り、卒業生代表の菅野由唯さんが川口高校での思い出を綴った答辞を述べてくれました。

  

 <卒業生代表 大竹伶奈さん>    <在校生代表 佐々木瑛太君>   <卒業生代表 菅野由唯さん>

  

                  <晴れやかな表情の卒業生>

卒業証書授与式の後はクラスで最後のホームルームが行われ、担任の先生から一人ひとりに卒業証書が手渡されました。卒業生のみなさんのこれからの活躍と健康を心から祈っています。

  

奥会津課題探求プログラム成果発表会が開催されました。

2月25日(木)の5・6校時に1学年による奥会津課題探求プログラムの成果発表会が行われました。

奥会津課題探求プログラムとは「体験的な学びによって理解した地域の特徴や現状について、地域活性化の視点から生徒自身の課題意識の中で整理し、今後の地域のあり方として具体的な発表や提言をすること」を目標に行われている探求活動です。

生徒は、それぞれのグループごとに考案したプロジェクトについて、金山町の現状と問題点、自分たちが考えたアイデア、検討事項などを発表し、質疑応答では活発な意見交換がなされていました。

<発表内容>

  1班 見たこと無い人も楽しめる手作り体験プロジェクト(空き家を利用した新しいコミュニティハウスの運営)

  2班 KBTP(赤カボチャを使った新しいスイーツレシピの発信)

  3班 萌えキャラで奥会津を救うらしい!?(オリジナルキャラクターで奥会津をPR)

  4班 プロジェクトK(特産品を使ったパンケーキとドリンク作り)

  5班 多くの人に金山町を知ってもらい、来てもらえるようにする(SNSを活用した奥会津PR)

  6班 金山町の特産品や文化などを広めようプロジェクト(PR動画と特産品のアレンジ商品作り)

  7班 何も無い都会から、なんでもある金山町に癒しを求めて(PR動画を通した奥会津の観光活性化)

  

      <発表の様子>       <赤カボチャを利用したスイーツ>  <金山をテーマにした萌えキャラ>

合格体験を聴く会が開催されました。

 2月25日(木)3校時目に、3年生から合格体験を聴く会を開催しました。これは、進路希望達成のために努力した3年生の体験談を聴き、自分の進路達成の参考にしてもらうというものです。

 今回発表してくれたのは、菅野由唯さん(山形大学)、河野駿太君(会津鉄道株式会社)、栗田晴君(福島県警察)の3名です。

「自分は何がしたいのか、将来のことをゆっくりじっくり考えること。これが大事。沢山迷って決めた選択は、絶対に間違ってはいない。進路ぐらい自分のために、自分のことを真剣に、沢山考えよう」(菅野さん)「会津が好きで、会津に貢献したかったのでこの会社を選んだ」「履歴書作成に苦労した。わからないときには、一人で悩まず積極的に先生を頼るのも良い。」「自分の40年、50年が決まると思って頑張ろう」「一生懸命やって合格したら今までの人生で一番うれしいと思います」(河野くん)「幼い頃に助けてもらった警察官に憧れを持って警察官を目指し始めた」「公務員関係の予備校のセミナーは積極的に参加したほうが良い。わからなかった問題も解き方が分かるようになった」「提出書類は期限前に余裕を持って出せるようにしましょう」(栗田くん)

どの先輩の発表も後輩達のためにという気持ちがこもった内容で、1・2年生も大変熱心に聴いていました。3年生の皆さんありがとうございました。

   

   菅野由唯さん       河野駿太君         栗田晴君      パワーポイントを使っての発表

【川口高校地域みらい留学プロジェクト/MY PROJECT AWARD2020 福島Summit参加】

本校の1年生3名が1/31(日)にMY PROJECT AWARD 2020 福島Summit」(オンライン開催)にて地域探究活動の成果を発表しました。

生徒たちは1年間「総合的な探究の時間」を中心に、金山町の強みや資源、課題等について学んできました。
そして、町の特産品や空き家、伝統工芸といった町の資源を活用して若い世代を呼び込むアイデアを発案し、「赤カボチャプリン」や「くもパン」の試作をはじめとした活動を行ってきました。

本番ではそういった活動について緊張しながらも堂々と発表しました。
約1カ月に渡って取り組んだ発表準備が実を結んだようで、講評者より「町のことが好きな様子がとてもよく伝わった」と嬉しい声をいただけました!
3人とも町外出身(内1名は県外生)だったこともあり、地域探究は新たな必見の連続。
川口高校、金山町の特色が生徒の豊かな学びに生きています。

来年度も生徒たちは探究授業にてこのプロジェクト活動を継続予定。
生徒たち曰く「まだまだ実現性が低いことばかり。もっと色々考えないといけない。」とのことで、今後の展開が楽しみです!

   

     <発表準備作業の様子と当日の発表の様子>        <試作した赤カボチャプリンと菓子パン>

<参考>
■マイプロジェクトHP
https://myprojects.jp/
■川口高校地域みらい留学特設HP
http://mirai-kaneyama.jp/

スーツ着こなしセミナーを開催しました。

1月21日(木)の5校時に本校図書室を会場として、3年生対象の「スーツ着こなしセミナー」を開催しました。

このセミナーは新社会人となる3年生に対して毎年行われているものです。今年は洋服の青山から遠藤栞さんを講師としてお迎えして行いました。

 

<スーツに身を包み緊張した面持ちで入場した生徒(左)ネクタイ結びに苦戦する生徒(右)>

セミナーでは、スーツの選び方や着こなし方はもちろんのこと、ネクタイ結びの練習や社会人としてのマナー講習なども行いました。栗田晴君と五十嵐愛華さんもモデルとして登場し、楽しいセミナーとなりました。

セミナーの内容は今後のスーツ選びや着用の際の参考になったことと思います。4月からは外見だけでなく、内面もスーツが似合う素敵な社会人になって欲しいと思います。

私の言いたいこと発表会が開催されました。

1月21日(木)の5,6校時に視聴覚室(2年生)と会議室(1年生)を会場として「私の言いたいこと発表会」が行われました。

この「私の言いたいこと発表会」は「生徒が日頃抱いでいる気持ちや考えを発表することで、改めて自分という存在を見直し、また、他者の発表を聞くことで自分とは異なる相手の意見や考えに接し、自らの視野を広げる機会とする」ことを目標に、毎年行われているものです。

 

    <緊張しながら発表する生徒(1年生)と発表に耳を傾ける生徒や先生方の様子>

 

         <身振り手振りを交えながら、自分の思いを伝える生徒の様子>

生徒達は、日頃感じている事、自分の将来について、興味のあること、過去の自分を振り返って…など様々なテーマについて、「自分の言葉」で思いを伝えることができました。

思っていることを文章という形で表現し、それを多くの人の前で発表する・宣言することは、大変なことですし、面倒なこと、恥ずかしいことかもしれません。しかし、その行為を通じてより深くものごとを考えられるようになったり、自分の考えを客観的に考えたり、捉えられるようになるのではないでしょうか。もしかしたら、他の人に良い影響を与えることもあるかもしれません。

「私の言いたいこと発表会」に参加した川口高校生全員が、この体験を活かして残りの高校生活をより良いものにしてほしいと思います。

1月の予定

1月14日(木) 始業式、学校寮開寮

         課題テスト(国語、数学、英語)

1月15日(金) 大学入学共通テスト出陣式(3年生)

1月16日(土) 大学入学共通テスト(~17日)

1月20日(水) 進路希望調査④ 修学旅行事前健康診断

1月21日(木) 私の言いたいこと校内発表会(1,2年生)

1月22日(金) 英語検定③

1月23日(土) 進研模試/基礎力診断テスト(1,2年生)

1月25日(月) 3学年 学年末考査(~28日)

1月28日(木) 漢字検定③

1月29日(金) 数学検定③

冬季集中学習会(2学年)を開催しました。

12月18日(金)の放課後に2学年を対象とした冬季集中学習会を開催しました。

進学希望者に対しては、株式会社ベネッセコーポレーションから小林壮氏を講師として迎え、進路についての考え方(社会の変化に目を向けることの大切さ)や模擬試験の活用方法(見るべきポイント)、受験勉強の方法(具体的な計画の立て方)など細かく説明していただきました。生徒はメモを取りながら熱心に耳を傾けていました。

 

就職希望者に対しては、本校就職支援員の方から、求人票を見るポイントについて細かく説明していただきました。すでに求人票に目を通してはいるものの、支援員の方から「給与だけではなく、福利厚生や離職率などにも目を向けることが大事」であることを教えていただき、求人票から得られる情報についての知識を深めることができました。

2年生は、冬休みから自分の進路を明確にし、受験勉強や面接ノート作りをスタートさせてほしいと思います。

栄養教室が開催されました。

11月27日(金)に3年生を対象とした栄養教室が行われました。

この教室は「将来、自立した食生活を送れるように食への関心を深め、望ましい食習慣を身に付け実践できる態度を育むため」に行われているもので、今年度は柳津町立柳津小学校 栄養教諭の野口久美先生を講師として迎えて行われました。

生徒はメモを取りつつ、毎日の食事を振り返りながら真剣に講義に耳を傾けていました。

 

    <一人一人に質問を投げかけながら講義を進めていただきました> 

12月の予定

12月 3日(木) ワークルールセミナー(3年生)

12月 5日(土) 全統プレ共通テスト(3年生)(~6日)

12月 9日(水) 学校寮大掃除(~17日)

12月18日(金) 終業式、学校寮閉寮、冬季集中学習会(2年生)

12月21日(月) 冬季課外(1・2年生 ※希望者・平常課外履修者:~25日)

              (3年生 ※大学短大進学希望者:~28日)

12月29日(火) 若桐寮閉寮(~1月4日)

【川口高校地域みらい留学プロジェクト/地域ホームステイ】

11月14日(土)~15日(日)にかけて、川口高校の生徒9名が地元、金山町の各ご家庭にホームステイしました。

郷土料理体験や農作業、地域清掃ボランティアへの参加など、様々な体験やふれあいを通して町の文化や魅力、課題について理解を深めました。

受け入れ先の方との初対面時には緊張している様子が伺えましたが、あたたかく迎えられてすぐに打ち解けられたようです。

「町にこんなに魅力があると思わなかった!いい町だと思った!」
「楽しすぎて1泊2日があっという間でした!」
「家族みたいに接することができました。」
など、生徒の満足げな声と笑顔がとても印象的でした。

「まだまだ話し足りない!」とホームステイ終了後に再び受け入れ先にお邪魔させてもらった生徒もいました。(笑)
参加生徒は神奈川県や埼玉県をはじめ多くが地域外出身者となったため、町にとっての「あたりまえ」一つ一つがとても新鮮に感じられ、学びや気づきの多い2日間になったのではないでしょうか。

   

 

ホームステイ受け入れにご協力いただいた金山町・川口地区の皆様、この度は大変お世話になりました。

文章基礎講座が行われました。

11月17日(火)の5・6校時の時間に1・2年生を対象とした文章基礎講座が行われました。

この講座は、各学年ごとに昨年度から行われているもので、1年生は2回目、2年生は5回目の受講になります。

1年生は、7月に作成し添削していただいた作文についての講評やアドバイスを頂き、その後アドバイスをもとに「これからの学校生活で挑戦したいこと」について、書き直しと清書を行いました。

 

2年生は「携帯電話(スマホ)の良い点と悪い点」というテーマで作文を実作しました。自分に身近なテーマだったためか、時間内に多くの生徒が書き終えることができました。

 

この講座を通じて、文章を書く技術を高めるとともに、書くことで自分の体験を振り返り、進路活動に活かして欲しいと思います。

第2回 進路別説明会を開催しました。

11月11日(水)の5・6校時に、1・2年生と対象とした進路別説明会が開催されました。

1年生は職業別説明会として、希望した分野に分かれ、仕事の内容・適性・その職業に就くまでのルート等について説明を受けました。2時間で2分野の話を聞くことができたため、自分の興味関心のある分野の仕事について見識を深めることができたようです。

  

  

           <1年生の様子 一部の講座はオンラインで行われました>

2年生は大学・短期大学、専門学校、就職、公務員の4分野に分かれて、今後の流れや心構えなどを講義していただきました。さらに、大学・短期大学や専門学校については、入試形態や受験科目調べ、学校比較などを行いました。就職希望者については模擬面接指導、公務員希望者については受験対策を行いました。それぞれ自分の進路について深く考えることができる機会となりました。

  

  <大学・短大進学に向けて>     <公務員対策講座の様子>       <就職対策講座の様子>

  

                 <専門学校についての話を聞きました>

11月の予定

11月 2日(月) ふくしま教育週間(~6日)

11月11日(水) 進路別説明会(1・2年)

11月13日(金) 数学検定

11月17日(火) 文章基礎講座(1・2年)

11月24日(火) 期末考査(~27日)

11月27日(金) 栄養教室(3年)

11月30日(月) 遠足(3年)

          東日本大震災・原子力災害伝承館見学(1・2年)

令和2年度 地域体験講座が行われました。

10月24日(土)に、本校を会場として令和2年度 川口高校地域体験講座が行われました。

この体験講座は、川口高校のコミュニティ・スクール(地域に開かれた学校)としての活動の一環として企画されたものです。英語や情報(パソコンの活用法)、家庭(お菓子づくり)、体育(ゴルフ)、文化部(茶華道)、保健(栄養教室)、福祉の分野の6つの講座が開かれ、町の方は生徒として、川高生は生徒や講師として参加しました。

  

   <英語の授業の様子>       <パソコン講座の様子>      <お菓子作りの様子>

  

    <ゴルフの様子>          <茶華道の様子>        <栄養教室の様子>

  

   <介護講座の様子>          <生徒も楽しみながら参加させていただきました>

町からは総勢43名のご参加を頂きました。日ごろお世話になっている町の方々に良い恩返しができたとともに、一緒に金山町を盛り上げる仲間としての一体感を育むことができました。

【参加された方の感想(一部)】

・生徒達も親切に対応して下さった。あっという間の時間だった。

・高校生が、それぞれの役割を分担しながら生き生きと活動している姿に接し、とても嬉しくなりました。

【奥会津課題探求プログラム】地域のご家庭に訪問しました

10月15日(金)、本校1年生が奥会津課題探求プログラムの一環として、地域のご家庭に訪問し、地域についてのお話を伺いました。

当プログラムでは、地域課題解決のためのプロジェクトを生徒自身が企画・実践することに挑戦しており、今回は地域への理解とアイデアを深めることを目的に、グループ毎に地域家庭にインタビューを行いました。

見ず知らずのご家庭に訪問することに、はじめは緊張の様子が伺えたものの、各ご家庭に温かく迎えられてどの生徒も満足げな表情でした。

 

金山町・川口地区の皆さま、突然の訪問にも関わらず快くご対応いただき、大変お世話になりました。厚く御礼申し上げます。

インタビューを通して知ったことを生かし、今後は地域課題解決のアイデアを磨き上げていく活動に入ります。

(地域コーディネーター 前原)

 

体育祭が行われました。

10月7日(水)本校グラウンドを会場に、体育祭(テーマ:青春万歳!!~輝け川高、今このひとときに~)が行われました。

この日のために生徒会や体育祭実行委員会は夜遅くまで準備を行い、当日は学年の垣根を越えた素晴らしい体育祭とすることができました。生徒会の生徒、実行委員の生徒諸君、本当にお疲れまでした。  

  

 <1年生はおそろいのパーカー>    <スターター役の生徒>      <ジェスチャーゲーム>

  

  <さいころ持って走ります>        <部活対抗リレー>      <おそろいのシャツ似合ってますね>

また、川口保育所の園児も参加する競技もあり一緒に体育祭を盛り上げてくれました。川口保育所の皆様、ありがとうございました。

午前中に体育祭は終わり、総合結果は以下のようになりました。大きな怪我もなく、楽しい体育祭となりました。

生徒の皆さんお疲れさまでした。

                        【総合結果】

  

   <優勝 3年1組>        <準優勝 1年1組>        <第3位 2年1組>

午後からは、1年生(世界に一つだけの花、変わらないもの)と2・3年生の音楽選択者(心の瞳、A whole new world)によるステージ発表が行われ、素晴らしい歌声を響かせました。

  

環境美化活動を行いました。

 10月6日(火)の6校時に環境美化活動が行われました。

各学年で、かねやまふれあい公園周辺、川口駅周辺、若桐寮・役場周辺に分かれ、ごみ拾いを行いました。

秋晴れの青空のもと、楽しみながらボランティア活動に取り組む川高生の姿がありました。

地域の方々にも美化活動に御協力いただき、ありがとうございました。

  

   <役場周辺の清掃活動>    <川口駅周辺の清掃活動>      <通学路の清掃活動>

【全国の中学生及びその保護者様へ】オンライン学校説明会のご案内

本校では、10/3(土)~10/4(日)にかけて、県内の他地域や県外への進学を検討されている中学生及びその保護者を対象とした学校説明イベント「地域みらい留学 オンラインフェスタ2020」に参加いたします。

オンラインにて、学校説明会と学校個別面談を実施します。

小規模校ならではの学習環境や地域での学びをはじめとした本校の特色や、入試についてお話しいたしますので、本校への進学に興味をお持ちの方はぜひ奮ってご参加ください。


◆内容

1.学校説明会

20分程度の学校説明と10分程度の質疑応答の2部構成となり、寮生活や学習、進路、本校の特色ある取り組み等を中心にお伝えします。質疑応答では教員、生徒それぞれが皆様のご質問に対応いたします。

2.学校個別面談

参加者様と本校教員・生徒・コーディネーターによる個別面談を実施します。入試や寮生活に関する相談など、これまでの学校説明会の場で聞けなかった点や進路を考えるにあたって不安な点についてお話しできる機会としてご活用いただければと思います。


◆日程

1.学校説明会

・10/3(土)11:30~12:00
・10/4(日)12:15~12:45

2.学校個別面談
・10/3(土)9:30~9:50
・10/3(土)10:10~10:30
・10/3(土)10:50~11:10
・10/4(日)10:00~10:20
・10/4(日)10:40~11:00
・10/4(日)11:20~11:40

 

◆参加方法

1.「地域みらい留学フェスタ」HPより会員登録

  https://c-mirai.jp/

2.会員登録後、ログインし、ページ中部「地域みらい留学LIVE」の「説明会 学校について詳しく知る」から本校の説明会を予約

※学校説明会、個別面談ともに事前予約制となります。個別面談は枠が埋まり次第募集終了となりますのでお早めにご予約ください


◆使用ツールについて

オンライン会議アプリ「Zoom」を使用します。利用方法については、マイページ下部に案内がありますのでご参照ください。


◆お問い合わせ先

ご不明な点については、以下の連絡先にお気軽にお問い合わせください。

地域コーディネーター 前原

・電話  :090-1659-1864

・メール:kawaguchi.mirairyugaku@gmail.com

10月の予定

10月 2日(金) 英語検定

10月 6日(火) 環境美化活動

10月 7日(水) 体育祭

10月 9日(金) 生徒会役員選挙告示

10月10日(土) 3年生 第2回ベネッセ駿台記述模試

10月15日(木) 商業検定

10月16日(金) 就職試験解禁

10月23日(金) 生徒会役員選挙

10月24日(土) 地域体験講座

10月26日(月) 地域体験講座の振替休日

10月31日(土) 1・2学年 進研模試/基礎力診断テスト

          3学年 第3回ベネッセ駿台マーク模試

思春期講座を開催しました。

9月25日(金)の3校時に本校体育館を会場として、思春期講座を開催しました。

今回の思春期講座では、会津保健福祉事務所の保健師である高橋幸枝氏を講師として迎え「ストレスに適切に対処する力を身に付けるためには」というテーマで講演していただきました。

生きていく上でストレスは避けらないため、ストレスと上手に付き合う方法を身に付けなければならないということでした。ストレスに対するコーピング(対処法)には、大きく分けると①自力で克服する、②相手に働きかける、③回避・逃げるの3つがあり、自分に合ったコーピングのレパートリーを広げることがとても大切だそうです。

  

  <体育館の中での開催でしたが、生徒は真剣に耳を傾けていました>      <生徒代表お礼の言葉>

最後には「自分のことを大切にできていますか?」という質問が生徒に投げかけられ、自己肯定感を高めるコツを話していただきました。

生徒からは「私はなんでもネガティブにとらえてしまうのですが、ネガティブな自分を受け入れたり、人の目を気にしないようにしたい」「自分に合ったコーピングを見つけておきたいと思った。できるだけ肯定的な言葉を使っていきたいと思った」などの感想がありました。

高校生就職ガイダンスに参加しました。

9月11日(金)の5・6校時に1学年を対象とした、就職ガイダンスが開催されました。

この事業は厚生労働省の委託事業によって開催され、働くことの動機づけから、自己PRの重要性の理解まで、生徒自身に自ら考え、行動させることで「就職力」を高めるプログラムです。

今回のガイダンスは、株式会社大原出版から水野裕子先生を講師に迎え「コミュニケーションの基本を学ぶ」「さまざまな仕事・働き方を知る」「自分を知り、表現する(自己PRを作る)」という内容で行われました。

 

  <高校生の採用で重視することは?>      <コミュニケーションの基本は…笑顔!>

    

   <ジョブ・カタログで仕事を知ろう>        <真剣なまなざしの生徒>

今回のガイダンスを、仕事ってなに?働くのってなぜ?どんな仕事があるのだろう?と考えるきっかけにして欲しいと思います。

 

【全国の中学生及びその保護者様へ】オンライン学校説明会のご案内

 本校では、9/12(土)~9/13(日)にかけて、県内の他地域や県外への進学を検討されている中学3年生及びその保護者を対象とした学校説明イベント「地域みらい留学 オンラインへスタ2020」に参加いたします。

 オンラインにて、他高校と合同で学校紹介を行う「テーマ別学校説明会」と、本校単独で実施する「個別説明・相談会」を実施します。

 本校への進学に関心をお持ちの方はお気軽にご参加ください。

 

◆内容

1.テーマ別学校説明会:グループ校(3~4校)による学校説明(各校5分)及び質疑応答

2.個別説明・相談会 :学校説明(10分程度)及び個別面談形式での質疑応答(20分程度)

 

◆日程

〈9/12(土)〉

 ・11:45~12:30 テーマ別学校説明会

 ・14:00~14:30 個別説明会・相談会

 ・14:45~15:30 テーマ別学校説明会

〈9/13(日)〉

 ・11:45~12:30 テーマ別学校説明会

 ・12:45~13:30 テーマ別学校説明会

 ・14:30~15:00 個別説明会・相談会

 

◆参加方法

 1.「地域みらい留学フェスタ」HPより会員登録

   https://c-mirai.jp/

 2.会員登録後、ログインし、ページ中部「地域みらい留学LIVE」の「説明会 学校について詳しく知る」から

   本校の説明会を予約

 ※補足:オンライン会議アプリ「Zoom」を使用します。利用方法については、マイページ下部に案内があります

   のでご参照ください。

 

◆お問い合わせ先

  ご不明な点については、地域コーディネーター 前原(090-1659-1864)までお問い合わせください。

水力館の見学に行きました~奥会津課題探究プログラム~

9月3日(木)、本校1年生が奥会津課題探究プログラムの一環として、金山町中川に新しくオープンした水力館の見学に行きました。

1学期に「課題をつかむ(地域を知る)」というテーマで地域の方をおよびして講演を聴くなどの活動をしてきました。いよいよ2学期からは奥会津地域の施設に実際に足を運び、自分の目で見て、耳で聞いて、肌で感じて探究するという活動に移ります。

今回は新車両になった只見線に実際に乗り、7月にオープンした水力館で只見川流域の電源開発について学ぶ活動を行いました。

 

      <新車両になった只見線。初めて乗ったという生徒もちらほら>

 

 <水力館で就業写真を撮りました(左側)。只見川と大志集落をバックに(右側)>

水力館では、展示されている美術品を見たり、東北地方の電源開発における只見川の重要性などを学びました。今後はグループに分かれて活動を行う予定です。

9月の予定

9月12日(土) 第1回ベネッセ駿台マーク模試(3年生)

9月23日(水) 中間考査(~25日)

9月25日(金) 思春期講座(1・2年生)

令和2年度 川口高校 体験入学が行われました。

8月7日(金)に本校を会場として、令和2年度 川口高校 体験入学が行われました。

はじめに、全体会が視聴覚室にて行われ、学校説明と在校生2名による体験発表がありました。

  

     <全体会での様子>        <2年生藤家君の発表>       <1年生長谷川君の発表>

その後、本校生徒を交えたグループごとに懇談会が行われました。各グループごとに、活発な質疑応答が行われたようでした。

  

                     <懇談会の様子>

懇談会の後、部活動見学や学校寮見学などを自由見学形式で行いました。川口高校の校舎の設備や日頃の部活動の練習の様子を見学してもらうことができました。

  

  <陸上競技部の活動見学>     <家庭クラブの活動見学>       <卓球部の活動見学>

 

  <パソコン部の活動見学>       <茶華道班の活動見学>

中学生、引率者の方々も含め30名を超える方々に参加していただきました。暑い中、本当にありがとうございました。

8月の予定

8月 3日(月) 夏季休業(~8月23日まで)

8月 3日(月) 夏季課外(~6日:2年生、~7日:3年生)

8月 6日(木) オンライン体験入学

8月 7日(金) 体験入学

8月12日(水) 学校閉庁日(~14日)

8月13日(木) 若桐寮閉寮(~16日)

8月17日(月) 3年生進学課外(~20日)

8月24日(月) 始業式、頭髪服装検査、課題テスト、学校寮開寮

8月31日(月) 面接週間(~9月11日)

就職ガイダンスが行われました。

7月29日(水)に3年生の就職希望者を対象とした就職ガイダンスが行われました。

大原出版株式会社から鈴木俊子先生を講師としてお招きし「未来の『自分』は、今の自分次第で変わる」というメッセージからガイダンスはスタートしました。第1パートでは高校新卒者に求められているコミュニケーションの基本について学び、第2パートでは会社づくりゲームをしながら“採用する側”の立場で就職について考えました。

午後の第3パートでは模擬面接を行いました。初めての面接練習でしたが、自分の言葉でとつとつと言葉を紡ぎだす生徒の姿が見られました。時間はかかりましたが、その取り組む姿勢については高評価を頂きました。

今日のガイダンスの内容をきっかけとして、仕事や就職についてよく考え、面接の練習を沢山することで自信を持って就職試験に臨んで欲しいと思います。

  

  <楽しくも内容の濃い講義>       <お辞儀の練習>        <面接練習の様子>

水力館オープニングセレモニーに本校生が参加しました

7月9日(水)金山町に開館した水力発電PR施設「東北電力奥会津水力館 みお里 MIORI」のオープニングセレモニーが開催され、愛称の考案者である本校1年の鈴木光希さんが参加しました。

『水力館の愛称については、昨年秋に奥会津地域の中学生および高校生の皆さまから募集し、140点の応募の中から厳正な選考のうえ候補を決定しておりましたが、このたび商標登録が完了したことから、「東北電力奥会津水力館 みお里 MIORI®」(以下、「みお里」)に正式に決定いたしました。

 「みお里」には、応募当時、福島県昭和村立昭和中学校3年(現:福島県立川口高等学校1年)鈴木 光希(すずき みつき)さんの「私たちの豊かな暮らしを支えてくれている水脈のふる里」との思いが込められております。』東北電力HPより(https://www.tohoku-epco.co.jp/news/normal/1215135_2558.html)

 

オープニングセレモニーでは、愛称考案者として記念品受け取り、あいさつやテープカットを行いました。

 

2年かけて作られた美しいステンドグラス。只見川と大志集落の美しい風景。

かねやまの道の駅の隣にあり、観光客の方だけではなく、地域の方々も集える身近な施設になってほしいと思います。金山町にいらした際には、ぜひお立ち寄りください。

文章基礎講座が開催されました。

7月8日(水)の6・7校時に1,2年生を対象とした文章基礎講座が開催されました。

1年生は、株式会社さんぽうの村井先生を講師としてお迎えし、初めての受講となりました。原稿用紙の使い方や小論文と作文の違いなど細かいところまで丁寧にご指導いただきました。7校時は「高校生活で挑戦したいこと」というテーマで作文を実作しました。

 

2年生は、6月に引き続き株式会社ライセンスアカデミーの伊東先生を講師としてお迎えし、添削された作文について講評をいただいた後、書き直しをしました。内容はかけているものの具体性に欠けるため、活動を通して得たものを具体的に表現し、それを将来どの場面でどう活かしていきたいのかという視点を持って書くことが大切であるとアドバイスを頂きました。

 

文章を書くことで、自分の将来に向き合い、考えるための文章基礎講座です。今頑張っていることが、将来どの場面でどのように役立つのか。役立たせたいのかを考えながら学校生活を送ることも、大事なことだと思います。

7月の行事予定

7月 1日(水)期末考査(6月30日~7月3日)

        創立記念日(通常登校)

7月 3日(金)普通救命講習会、数学検定

7月 7日(火)商業検定

7月 8日(水)進路希望調査

        文章基礎講座(1・2年生)、小論文模試(3年生)

7月 9日(木)避難訓練

7月10日(金)漢字検定

7月15日(水)歯科検診

7月17日(金)英語検定

7月18日(土)GTEC(検定版 3年生)

7月23日(木)海の日

7月24日(金)スポーツの日

7月27日(月)学校寮清掃(~30日)

7月31日(金)終業式、学校寮閉寮

文章基礎講座Ⅳが行われました。

6月16日(火)の6・7校時の時間に2年生を対象とした文章基礎講座Ⅳが行われました。

この講座は、各学年ごとに昨年度から行われているもので、2年生は1年次に引き続き4回目の受講になります。

 

6校時は、昨年度末に作成し添削していただいた作文についての講評やアドバイスを頂きました。7校時は、アドバイスをもとに「高校生活で頑張っていること/頑張ったこと」というテーマで作文を作成しました。

この講座を通じて、文章を書く技術を高めるとともに、書くことで自分の体験を振り返り、進路活動に活かして欲しいと思います。

授業公開週間のご案内

6月15日(月)~19日(金)の間、地域や保護者の皆様を対象に授業公開をします。

是非、足をお運びいただき、本校生徒の様子や教育活動をご覧ください。

※ 事前申込みの必要はありません。

 

※ 写真は昨年度の授業の様子です。

授業公開週間の時間割.pdf

6月の予定

6月 3日(水) 第1回進路講演会

6月 4日(木) 選択科目説明会(1,2学年)

6月 8日(月) 平日課外開始(3学年)

6月 9日(火) 平日課外開始(1,2学年)

6月10日(水) 尿検査1

6月15日(月) 授業公開週間(~19日)

6月16日(火) 文章基礎講座Ⅳ(2学年)、心電図検査

6月17日(水) 内科検診(1学年女子、2学年)、学校寮避難訓練

6月24日(水) 尿検査2

6月27日(土) 進研模試(1~3学年)

6月30日(火) 期末考査(~7月3日)

第1回 進路講演会が行われました。

6月3日(水)の7校時に本校体育館を会場として、第1回進路講演会を行いました。

昨年度までは、大学見学とマイナビフェスタ(マイナビ主催)に参加して進路学習を行っていましたが、今年度は新型コロナウイルスの影響から、規模を縮小して講演会のみで行いました。

講師にマイナビの熊谷恭輔先生をお迎えし「色々な視点でみる進路選択について」という演題で講演をいただきました。「知っている職業や学校からしか進路は選べないので、まずはたくさん知ることが大事」「職業名だけではなく、業界という視点を持つと幅が広がる」「社会にどうかかわりたいか、学問とどうかかわりたいかという視点を持つと、見える仕事の数も進路の選択肢も広がる」など生徒にとってとてもためになるお話でした。

将来の目標が決まっている生徒も、そうでない生徒も、今回の講演を参考に少しでも視野を広げて進路選択をして欲しいと思います。

奥会津課題探求プログラムが始まります。

学校案内のページに今年度から始まる奥会津課題探求プログラムの内容を掲載しました。昨年度までは、奥会津の風土や伝統を体感することが中心の学習でしたが、今年度からはそこから一歩踏み込んで、奥会津地域が抱えている課題を分析したり、解決していこうとする探求型のプログラムを行う予定です。

令和2年度 対面式

6月2日(火)の7校時目に本校体育館にて対面式がありました。

入学式が終わってから、全校生徒が一堂に会するのは今日が初めてです。すでに部活動や委員会活動では活動を共にしている生徒達ですが、改めて顔を合わせ、緊張した面持ちで対面しました。

 

<3密を避けて対面式を行いました>   <新入生代表 長谷川平蔵君>

校長先生からは「1年生は上級生を頼り、早く高校生活に慣れて欲しい。上級生は1年生を助け、頼りになる先輩となって欲しい」と激励の言葉がありました。

コロナウイルスの影響で学校行事も中止・延期になっていますが、川高生全体で力を合わせ、楽しく有意義な学校生活を過ごして欲しいと思います。

部活動紹介が行われました。

4月16日(木)の2時間目に、本校視聴覚室を会場として部活動紹介が行われました。

例年ならば、体育館を使って実技も交えながらの部活動紹介でしたが、今年度は視聴覚室にて各部が作成した動画視聴という形での紹介となりました。

新学期が始まってから短い時間で、各部に紹介動画を作成してもらいました。大会が開催されるかどうかわからない状況ですが、各部とも三密を避けるよう工夫しながら前向きに練習に励んでいます。

進路説明会が行われました。

4月16日(木)の1時間目に、本校視聴覚室にて1年生を対象とした進路説明会がありました。

進路説明会では「進路を考えることは自分の生き方を考えること」「川口高校での学びが皆さんの将来の社会生活を支える」というテーマのもと、学校生活で行って欲しい5つの内容について、具体的に説明がありました。

新型コロナウイルスの影響で、例年通りの学校生活・進路活動を行うことが難しくなっています。しかし、一つ一つの行事を大切に、いつも以上にしっかりと振り返ることで、自分の将来や進路を考えるきっかけにして欲しいと思います。

令和2年度 福島県立川口高等学校 入学式

 4月8日(水)本校体育館にて令和2年度入学式が挙行され、24名の新入生が軽部英敏校長より入学を許可されました。

 

<新入生誓いの言葉>

 式では、学校長より式辞が送られました。また、金山町長・桐径会会長 押部源二郎様、保護者と教師の会会長 武満和也様、同窓会会長 青柳靖美様より、祝辞をいただきました。最後に、新入生を代表して工珠瑠さん(昭和中卒)が誓いの言葉を述べました。

 緊張した様子の1年生でしたが、呼名の際には大きな返事も聞けました。本年度からすべての学年で1学年1クラスとなります。小規模校の利点を活かしながら、これからの学校生活が充実したものになるよう、教職員一同サポートしていきたいと思います。

4月の予定

4月 8日(水) 始業式、服装頭髪検査、入学式

4月 9日(木) 対面式、課題テスト(1~3学年)

4月10日(金) 部活動紹介

4月13日(月) 面接週間(~24日)

4月14日(火) 専門委員会等作成

4月15日(水) 進路希望調査①、身体測定

4月16日(木) 進路説明会(1学年)、部活動編成

4月20日(月) 基礎力診断テスト(1~3学年)

4月21日(火) 制服着こなしセミナー(1学年)、eネット安心セミナー(1~3学年)

4月22日(水) 心電図検査・結核検診

4月23日(木) 生徒総会

4月28日(火) 沼沢湖遠足

4月30日(木) インターハイ地区大会の壮行会

離任式が行われました。

3月27日(金)本校体育館において、令和元年度末の人事異動で川口高校を離れる先生方の離任式が行われました。

ご退職・ご転出される4名の先生方から「離任のあいさつ」をいただき、その後、生徒会役員から花束贈呈がありました。先生方、大変お世話になりました。

  

第68回 福島県立川口高等学校 卒業証書授与式

3月1日、第68回となる川口高校卒業証書授与式が執り行われました。

 金山町の押部源二郎町長をはじめ、多くのご来賓のみなさまにご臨席いただく中、25名が3年間学んだ母校をあとにしました。

 卒業生を代表し、江口尚平君が卒業証書を受け取りました。その後、在校生代表の2菅野由唯さんが送辞を贈り、卒業生代表の市川真那人君が川口高校での思い出を綴った答辞を述べてくれました。

  

  <卒業生代表 江口尚平君>    <在校生代表 菅野由唯さん>  <卒業生代表 市川真那人君>

  

                  <晴れやかな表情の卒業生>

 卒業証書授与式の後は各クラスで最後のホームルームが行われ、担任の先生から一人ひとりに卒業証書が手渡されました。卒業生のみなさんのこれからの活躍と健康を心から祈っています。

  

3月の予定

3月 1日(日) 第68回 卒業証書授与式

3月 2日(月) 代休

3月 3日(火) 前期選抜準備のため午後から放課

3月 4日(水) 前期選抜(生徒休業日)(~10日)

3月12日(木) 1,2年生進路ガイダンス

3月16日(月) 前期選抜合格発表(生徒休業日)

3月18日(水) 学校寮大掃除

3月19日(木) 終業式、学校寮閉寮

3月24日(火) 後期選抜

3月25日(水) 後期選抜合格発表

3月30日(月) 春季集中学習会

※3月11日(水) 前期選抜追検査実施の場合、生徒休業日となります。

合格体験を聴く会が開催されました。

2月27日(木)の3校時に本校視聴覚室を会場として「合格体験を聴く会」が開催されました。

この会は「進路希望達成のために努力した3年生の体験談を聴き、それらを参考に各自の進路について考える一助とする」という目的で毎年行われている行事です。

今年の発表者は市川真那人君と齋藤柚月さん(進学について)、小林沙友里さんと井草貴暉君(就職について)でした。

 

     <市川真那人君>           <齋藤柚月さん>    

市川真那人君と齋藤柚月さんからは「勉強への取り組み方」「志望校の決め方」「モチベーションの保ち方」「自分から行動することの大切さ」「経験を増やすことで、学ぶことが増え、面接で話せることも多くなる」など、自らの経験から得た教訓を具体的な形でアドバイスしてもらいました。

 

     <小林沙友里さん>          <井草貴暉君>  

小林沙友里さんと井草貴暉君は「どうやって就職希望先の企業を決めたのか」や「大変だった履歴書作成について」など苦労した点について話があり、二人から「待っていても進まない。自分から積極的に動くことが大切だ」というアドバイスをもらいました。

 

 <一生懸命メモをとる1・2年生>  <2年 五十嵐千夏さんのお礼の言葉>

後輩のために一生懸命に考えて経験談を話してくれた3年生ありがとうございました。1・2年生はメモを取りながら熱心に3年生の話に耳を傾けていました。アドバイスを活かし、自分の進路希望実現に向けて努力を積み重ねて欲しいと思います。

進路別ガイダンスが行われました。

2月26日に本校1・2年生を対象として、進路別ガイダンスが行われました。

1年生は適性診断の結果をもとに「人は知っているものからしか選べない。まずは、知ることで選択肢を増やしていこう」というテーマのもと、自分の適性を知る方法について講義をしていただきました。

  

2年生は進路希望別に分かれて講義をしていただきました。進学希望者は志願する学校の志望理由作成法を学び、就職希望者は求人票の見方や履歴書の作成練習などを学びました。新3年生として、進路希望をより具体的にし、次に自分が何をし、どんな力を伸ばしていかなければならないかを考えていかなければなりません。進路実現のために、今回学んだことを役立てて欲しいと思います。

  

文章基礎講座が開催されました。

2月19日(水)の5・6校時に、1・2年生を対象として文章基礎講座Ⅲ・Ⅴが行われました。

この講座は、作文・小論文の基礎的な内容や文章表現について理解を深め、就職や進学で課される作文・小論文対策の一助とするために行われており、1年生は3回目、2年生は5回目の講座になります。

今回は提出した小論文に対する講評をいただき、その後、講評を踏まえた小論文の書き直しを行いました。どの生徒も、真剣に文章作成に取り組む姿が見られました。2年生は、3学期を3年生0学期として位置づけ、進路活動をスタートさせています。今回の文章基礎講座が進路をより深く考えるきっかけになってほしいと思います。

   

          <講師の先生の熱のこもったご指導>         <書き直し作業にも力が入ります>

郷土料理講習会(そば打ち体験)が行われました。

2月20日(木)の5・6校時に奥会津風土体感プログラムの一環として、郷土料理講習会(そば打ち体験)が行われました。

この行事は「地域の資源を活用した体験型学習活動を行うことで、地域の文化と伝統への理解を深め、郷土を愛する心を育む」目的で、毎年この時期に行われています。今年度は、金山町にある民宿朝日屋さんから栗城和夫さんを講師にお迎えしました。生徒は慣れない手つきではありましたが一生懸命にそばを打ち、手作りの素朴な味わいを楽しんでいました。

  

 <講師は朝日屋さんのご主人>     <不慣れな手つきですが、一生懸命にそばを打ちました>

  

 <そばを切るのは難しい…>    <出来上がったおいしいそば><そばアレルギーの生徒のためのうどん>

私の言いたいこと発表会に参加しました。

2月16日(日)に金山町老人福祉センターで「第36回私の言いたいこと発表会」が行われ、本校1年の佐藤花音さん、中丸智滉君、2年の小川健太君、中丸采音さんが川口高校代表として参加しました。

  

    <佐藤花音さんの発表>      <中丸智滉君の発表>      <小川健太君の発表>  

 

  <中丸采音さんの発表>  <発表後、リラックスした表情の4人>

代表者の4名はそれぞれ、「「優しさ」を通して学んだこと」「私の地区」「自分の人生を生きぬくために」「十七年間金山に暮らして」という題名で、日々自分が考えていることや興味を持っていること、地域の方々への日頃の感謝などを集まった金山町の皆様の前で堂々と発表しました。

思っていることを文章という形で表現し、それを多くの人の前で発表する・宣言することは、大変なことですし、面倒なこと、恥ずかしいことかもしれません。しかし、その行為を通じてより深くものごとを考えられるようになったり、自分の考えを客観的に考えたり、捉えられるようになるのではないでしょうか。もしかしたら、他の人に良い影響を与えることもあるかもしれません。

発表した4名はもちろんのこと「私の言いたいこと発表会」に参加した川口高校生全員が、この体験を活かして残りの高校生活をより良いものにしてほしいと思います。

奥会津風土体感プログラム学習成果発表会が行われました。

1月30日(木)に本校視聴覚室を会場として、令和元年度奥会津風土体感プログラムの学習成果発表会が行われました。

奥会津風土体感プログラムとは、1年生を対象とした学習プログラムで、自然豊かな奥会津の文化を体感しながら学びを深める川口高校ならではの特色ある学習プログラムです。

  

発表会では、グループでの学びもとに「体験学習のまとめ」「奥会津の魅力」「奥会津が抱える問題点」「考えられる解決策」「地域の発展のために『自分たちがやりたいこと』」について資料を作成し発表しました。地域の発展のために「自分たちがやりたいこと」では以下のようなアイデアが披露されました。

・奥会津の有名な食材を利用した「奥会津バーガー」を作って販売したい。

・奥会津のPR動画を只見線や駅で流したい。

・英語、中国語、台湾語などの表記でパンフレットを作りたい。

・かぼまるをキャラクターとした沼沢湖への案内板(英語表記)を作って設置したい。

・畑部を作ってそばを育てたい。そのそばを町の祭りでふるまいたい。

・人数が少ない地元の小中学校にボランティアとして行き、伝統行事を復活させたい。

・奥会津をPRする歌を作って歌いたい。(「赤カボチャおいしい)という歌を熱唱)

  

自分たちの体験を振り返ってスライドにまとめるだけでなく、奥会津を活性化させるための手立てを高校生ならではの視点で考え、堂々と発表する生徒の姿が見られました。また、体験学習でお世話になった講師の先生方もたくさんお越しいただき、最後に講評をいただきました。

  

来年度からは、総合的な探求の時間を利用し、奥会津の風土を体感するだけではなく、この地域が抱える課題を試行錯誤しながら解決する過程を通じて、学びを深めるプログラムへと変わる予定です。今後とも皆様のご協力をいただきながら、学習活動を進めてまいりたいと思います。よろしくお願いします。

2月の予定

2月 8日(土) 大学入試共通テスト早期対策模試(2年生)

2月11日(火) 建国記念の日

2月13日(木) 学年末考査(1,2年生)(~18日)

2月16日(日) 第36回私の言いたいこと発表会

2月19日(水) 文章基礎講座Ⅲ(1年生)

         文章基礎講座Ⅴ(2年生)

2月20日(木) 商業検定④

2月23日(日) 英語検定③2次試験、天皇誕生日

2月24日(月) 振替休日

2月28日(金) 表彰式、卒業証書授与式予行

1月の予定

1月 6日(月) 3年生冬季課外(~7日)

1月 9日(木) 始業式、学校寮開寮

1月13日(月) 成人の日

1月15日(水) 進路希望調査④

1月16日(木) 私の言いたいこと校内発表会(1,2年生)

1月17日(金) センター試験出陣式(3年生)

1月18日(土) 大学入試センター試験(~19日 3年生)

         進研模試、基礎力診断テスト(1,2年生)

1月22日(水) 進路講演会/適性診断(1年生)

1月23日(木) 学年末考査(~28日 3年生)

         数学検定③

1月24日(金) 英語検定③

冬季球技大会が行われました。

2学期も残すところわずかとなった12月18日(木)に本校体育館を会場として、全校生徒による冬季球技大会が開催されました。

大会はフットサルとドッジボールの2種目で行われ、厳しい寒さの体育館での開催でしたが、熱いプレーと応援で盛り上がりました。2学期のまとめとして、川高生の一体感を高めるよい行事になりました。

  

        <フットサルを楽しむ生徒たちの姿>         <声のそろった応援も楽しそうでした>

  

        <ドッチボールも盛り上がりました>          <ギャラリーで応援する生徒達>

【フットサルの結果】

  男子の部  優勝 3年生、準優勝 1年生、3位 2年生

  女子の部  優勝 2年生、準優勝 1年生、3位 3年生

【ドッヂボールの結果】

  男子の部  優勝 3年生、準優勝 1年生、3位 2年生    

  女子の部  優勝 2年生、準優勝 1年生、3位 2年生

音楽班ステージ発表を行いました。

12月11日(水)の昼休みに、総合文化部音楽班によるステージ発表が行われました。

音楽班は13日に福島市で行われる「福島県声楽アンサンブルコンテスト」に出場します。少ない人数で練習時間も限られている中、音楽班は精一杯練習を重ねてきました。当日は他の部に所属する生徒の力も借りながら、練習してきたことを全力で発揮してほしいと思います。

  

              <全校生徒を前に緊張した面持ちで発表する生徒達>

租税教室を行いました。

12月11日(水)に本校会議室にて、3年生を対象とした租税教室が行われました。

この教室は「一人ひとりが、税金の集め方・使い方を考え、主権者としての自覚を持ち、また、税金・財政の正しい知識を身に付ける機会とする」を目的に、毎年3年生を対象として行っています。今年は東北税理士会 会津若松支部税理士の方を講師としてお迎えして行いました。

  

講義ではクイズを交えながら、①税金の役割、②税金の種類と仕組み、③日本の財政と今後の課題についてわかりやすく話をしていただきました。税金の仕組みを学ぶ場面では「収入の異なる人に対して、どのように課税するのが公平か」というグループワークを通して課税の方法について考え、様々な税の種類や累進課税の仕組みを学びました。

金山町内企業就職説明会が行われました。

12月6日(金)に本校視聴覚室を会場として、金山町内企業就職説明会が行われました。

この説明会は「金山町内の企業の概要を知ることにより、金山町を身近に感じてもらい、将来の就職先の1つとして考える機会としたり、キャリア教育の一環として早期に企業学習をしたりするため」に金山町教育委員会主催で毎年行われているものです。

今年度は株式会社 ハーベス 様、コスモメディカルサポート 様、山十建設 株式会社 様、金山町役場 様 をお迎えして行われました。

 

 <山十建設 株式会社様 現場の写真なども見せていただきました>

  

<コスモメディカルサポート様 グループ理念「よろこばれて、よろこぶ。」生徒の眼差しは真剣そのもの>

  

<株式会社 ハーベス 様 女性も活躍できる職場ということでした>   <金山町役場 様の説明を聞く様子>

生徒たちは金山町にある身近な企業の話を聞くことで、仕事や働くことの意義ややりがいについて考えを深めることができたようでした。

2年生は来年7月から就職活動が本格化します。進路コーナーにある今年度の求人票を利用しながら、今から企業研究をし、入社後に必要な力を磨いていってほしいと思います。

ワークルールセミナーが開催されました。

12月5日(木)に3年生を対象とした、ワークルールセミナーが開催されました。

このセミナーは卒業を控えた3年生に対し「労働トラブルを早期に解決し、職業人として安心して働くことで、充実した社会生活を送るために、労働に関する法律や決まりなどのワークルールについて理解を深める」ために、福島県同労委員会委員の穴澤耕三氏を講師に迎えて行われました。

講義では、社会人としての基本姿勢や労働契約、就業規則について、事例を交えながらわかりやすく講義をしていただきました。生徒も真剣にメモを取りながら話に耳を傾けていました。

 

栄養教室を開催しました。

11月29日(金)に3年生を対象とした栄養教室が行われました。

この教室は「将来、自立した食生活を送れるように食への関心を深め、望ましい食習慣を身に付け実践できる態度を育むため」に行われているもので、栄養教諭の小林志保先生を講師として迎えて行われました。

生徒はメモを取りつつ、毎日の食事を振り返りながら真剣に講義に耳を傾けていました。

  

 <一人一人に質問を投げかけながら講義を進めていただきました> <栄養士を志す生徒からお礼の言葉>

12月の予定

12月 4日(水) 商業検定③

12月 5日(木) 3年生 ワークルール出前講座

12月 7日(土) 1・2年生 GTEC(Basic)

          3年生 全統センタープレテスト(会津大学)

12月11日(水) 3年生 租税教室

12月18日(水) 球技大会 学校寮大掃除

12月19日(木) 終業式 冬季集中学習会 学校寮閉寮

12月23日(月) 1~3年生 冬季課外(~27日)

12月29日(日) 若桐寮閉寮(~1月3日)

文章基礎講座を開催しました。

11月20日(水)の5・6校時に、1・2年生を対象として文章基礎講座が行われました。

この講座は昨年度から継続的に行われており、1年生は2回目、2年生は4回目の受講となりました。

1年生の講座では、小論文・作文の基本についての講義を聴いた後、将来就きたい職業とその理由について考えながら進路について考えを深めました。2年生の講座では、夏休みに提出された作文・小論文に対しての講評を聴いた後、実作を行いました。

来年には添削された作文・小論文が返却されます。何度も繰り返し書く作業を通して、文章作成能力やコミュニケーション能力を高めて欲しいと思います。

  

 <講師の先生と話を熱心に聞く生徒 1年生(左)、2年生(右)>  <作文実作に取り組む生徒達>

第2回進路別説明会が行われました。

11月13日(水)の5・6校時に、1・2年生と対象とした進路別説明会が開催されました。

1年生は職業別説明会として、希望した分野に分かれ、仕事の内容・適性・その職業に就くまでのルート等について説明を受けました。2時間で2分野の話を聞くことができたため、自分の興味関心のある分野の仕事について見識を深めることができたようです。

  

     <1年生の様子 講師の先生方の言葉に熱心に耳を傾け、メモを取る様子が見られました>

2年生は大学・短期大学、専門学校、就職、公務員の4分野に分かれて、今後の流れや心構えなどを講義していただきました。さらに、大学・短期大学や専門学校については、入試形態や受験科目調べ、学校比較などを行いました。就職希望者については模擬面接指導、公務員希望者については受験対策を行いました。それぞれ自分の進路について深く考えることができる機会となりました。

  

  <大学・短期大学進学に向けての基礎知識を教えていただきました>    <公務員対策講座の様子>

  

       <専門学校についての話を聞きました>

地域課題探求ワークショップが行われました。

11月12日(火)に本校体育館を会場として、地域課題探求ワークショップが行われました。

川口高校、湖南高校、西会津高校の3校は、地域になくてはならない高校として、地域の方々に長年支えられてきました。しかし、少子化の進行により2018年度から1学年40人程度の小規模校となりました。小さな集団ではありますが、3校の生徒が同じ活動を通し、お互いに刺激し合いながら知恵を出し合う活動を行うことで、これからの時代に求められる力「自主性」「協働性」「探求性」「社会性」を養うきっかけにしたい。そんな思いでこのワークショップは企画されました。

ワークショップは、各校の地域課題探求活動の取り組み発表から始まりました。川口高校からは1年生の大竹真菜さんと大堀沙季さんが代表として堂々と発表しました。※司会進行はすべて生徒の手で行われました。

  

<アイスブレイクで他校生と交流> <車座になってディスカッション> <二人で力を合わせて発表しました>

次に、東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科長の岡崎エミ先生を講師に迎え「地域は学びの宝庫~小規模校だからこそできる地域づくり学習~」という演題で講演していただきました。

その後、ワークショップⅠ~エミさんの講演を振り返ってみよう~、ワークショップⅡ~地域の抱える共通の課題を考えよう~、ワークショップⅢ~地域の魅力を見つけ出そう~、ワークショップⅣ~地域の理想の未来を妄想し、自分たちができることを考えよう~ が次々と行われ、生徒による活発な議論が繰り広げられました。

  

  <付箋に書き込む生徒達>   <付箋を模造紙に張りながらまとめ>   <沢山意見が出ました>

  

  <自分たちにできることを考え、グループごとに発表しました>     <発表も真剣そのものです>

                    <最後には全員で記念撮影>

今回感じた、考えたことをこれからの学校生活や学校外の活動に活かし、地域に支えられる学校として、少しでも地域に恩返ししながら、これからの時代に求められる「主体性」「協働性」「探求性」「社会性」を養ってほしいと切に願います。

11月の行事予定

11月 1日(金) ふくしま教育週間

11月 2日(土) 1,2年 進研模試 基礎力診断テスト

          3年 第3回ベネッセ駿台マーク模試

11月 4日(月) 振替休日

11月 6日(水) ⑥避難訓練

11月12日(火) 地域課題探求ワークショップ

11月13日(水) 1,2年 進路説明会

11月15日(金) 生徒会補欠選挙、数学検定②

11月19日(火) 後期生徒会総会

11月20日(水) 1,2年 文章基礎講座

11月22日(金) 2年 公務員模試

11月26日(火) 期末考査(~29日)

11月28日(木) GTECテスト(~29日)

11月29日(金) 3年 ③栄養教室、自動車学校入校説明会

生徒会選挙が行われました。

10月28日(月)、本校体育館を会場にして、新しい生徒会役員選挙の立会演説会および信任投票が行われ、即日開票の結果、以下の生徒が新しい生徒会役員として信任されました。

川口高校の伝統を受け継ぎ、新しい生徒会を盛り上げていけるよう活躍を期待します。

生徒会会長 菅野 由唯(かんの ゆい) 2年1組
生徒会副会長 吉田 晴紀(よしだ はるき) 2年1組
生徒会副会長 佐々木 瑛太(ささき えいた) 1年1組
書記 大竹 真菜(おおたけ まな) 1年1組
会計 大堀 沙季(おおほり さき) 1年1組

※書記、会計にそれぞれ1名に欠員が生じました。11月に欠員補充のための補欠選挙を行う予定です。

文化講演会が行われました。

10月30日(水)東洋ワークス株式会社代表取締役社長の須佐尚康先生を講師としてお迎えし、文化講演会が行われました。

須佐先生は金山町のご出身で、一昨年より地元の川口高校の生徒たちの応援のエールを送りたいというお話をいただきました。現在は、国内外に沢山の拠点やグループを擁する大企業を経営されています。

講演では「私の人生」という演題のもと、前半部分は須佐先生の激動の人生を振り返ってお話頂きました。後半部分は「人間力を高める五つの力」である「夢みる力」「感動する力」「自分を知る力」「猛烈な勉強力」「逆境を乗り越える力」について、ご自身の経験を踏まえながら話をしていただきました。

『毎日、自分の顔を鏡で見て「夢はかなう」と言い続ければ、夢は必ず実現するもの』という言葉は、一人一人の生徒に強く響いたようです。須佐先生本当にありがとうございました。

  

【生徒の感想】

「人間力を高める五つの力という話の中で、十万回言うと夢が達成すると聞いたとき、どういうことだろうと思ったのですが、毎日、目的意識を持つことの積み重ねが大切であるということではないかと思いました。強い意志を絶やさず一つ一つ行動に移すことを実現させたというのはとても尊敬します。絶対に倒産しない会社を作るという夢を持ち、困難を乗り越えてこられたのは、継続の力なんだろうと思いました。私も何か一つでも続けていこうと思います。」(女子生徒)

「私も進学という夢を実現できるものにするために、今目指している大学名を何度も自分に言い聞かせようと思いました。また、私は受験勉強をしている中で、もう駄目だと思うことがしばしばあるので、このような心情に直面した場合には、次に成功できるように戦略を立てる癖をつけるようにしたいと思います。そのためにも、自分のことについてよく知る必要があると思いました。これから、いろいろと苦難に直面すると思いますが、逃げずに立ち向かえるようにしたいです。」(男子生徒)

体育祭が行われました。

10月25日(金)本校体育館を会場に、体育祭(テーマ:一致団結~これって青春じゃん!!~)が行われました。

あいにくの天候のため、体育館での開催となりましたが、この日のために生徒会や体育祭実行委員会は夜遅くまで準備を行い、当日は学年の垣根を越えた素晴らしい体育祭とすることができました。生徒会の生徒、実行委員の生徒諸君、本当にお疲れまでした。

  

  <部活対抗リレー:スタート>    <風船早割りリレー>    <応援も盛り上がりました>

  

   <お届け物リレー>     <クラスTシャツも似合ってます>   <さいころ持って走ります>

  

   <3人4脚リレー>     <部活対抗リレー:美術部>      <大縄跳び>

また、川口保育所の園児も参加する競技もあり一緒に体育祭を盛り上げてくれました。川口保育所の皆様、ありがとうございました。

  

午前中に体育祭は終わり、総合結果は以下のようになりました。大きな怪我もなく、楽しい体育祭となりました。

生徒の皆さんお疲れさまでした。

【総合結果】

 優勝  1年1組

 準優勝 2年1組

 第3位 3年1・2組の合同チーム

午後からは、総合文化部音楽班と1年生によるステージ発表(合唱)が行われ、素晴らしい歌声を響かせました。